代表メッセージ

0歳から100歳まで
多くの方の暮らしを支えたい

当ホームページにご来訪くださり、誠にありがとうございます。

株式会社アプリコット倶楽部と、株式会社スミタスは、川崎市高津区溝口エリアにおきまして、保育事業、シェアハウス事業、そしてコンドミニアム事業を表裏一体の関係で運営しております。株式会社アプリコット倶楽部では、「あぷりこっと倶楽部エミタス久本」と「アプリコット保育園246」の2園を展開しています。株式会社スミタスでは、「スミタス溝ノ口」におきましてシェアハウスとコンドミニアムを運営し、「エミタス久本」を有効活用したスペース運営を手掛けております。

その全事業を通じて、私たちが目指しているのは地域の皆様のより良い暮らしと幸せです。私たちは、0歳から100歳までの多くの方々の暮らしを支援できるように日々努力しております。

私自身、溝口エリアで生まれ育ち、これまで地域の皆様に支えられてきました。親から不動産事業を受け継いだとき、この慣れ親しんだ地域の土地を少しでも豊かに有効活用して、地域の皆様に貢献していきたいと志しました。

2017年にスミタス溝ノ口を開業するにあたっては、子育て世代の皆様をサポートできるように「アプリコット保育園246」をオープンいたしました。同時に、若い世代を支援できるように、シェアハウスを立ち上げました。その一部はゲストハウスにして、このエリアに短期滞在する方々のご支援を目指しました。

「一人暮らしの自由さと家族の暖かさを両立した独自の空間」をテーマに、多様な世代が交差する拠点に育つことを願っております。

一方、2018年に開設した「あぷりこっと倶楽部エミタス久本」では、保育士にしっかりした休息スペースを提供したいという思いから、現在の「チルタス」を併設しました。保育士が利用する曜日や時間帯とは異なるかたちで多様な方々にご利用いただけると気づき、「チルタス」事業にも力を入れ始めた次第です。

土地と建物を活用した事業は、ご利用者様に窮屈で思いをさせるものであってはなりません。そこでスミタス溝ノ口では、3階建てのすべてのフロアにご利用者様の個室を詰め込むのではなく、1階には広いリビングスペースやキッチンを配置し、ゆったりしたシェアライフを楽しんでいただけるように留意しました。

「スミタス」という名前には、「足す」「助ける」「タスク」(仕事)など、暮らしをより豊かにしていくプラスの思いを込めました。地域の方々の暮らしをより豊かに、よりハッピーにしたいという思いは、私たちの全事業に共通しております。

スミタス溝ノ口におきましては、ひとつの施設に多様な機能を加えることで、単一事業のリスクを回避し、より収益性の高い施設への成長を目指しております。今後も、私たちはこのエリアで末永く事業を営み、地域に貢献してまいりたいと願っております。皆様の一層のご指導とご鞭撻をお願い申し上げます。

株式会社アプリコット倶楽部
株式会社スミタス     

代表取締役 廣部 嘉一

TOP